大竹稽 (おおたけ・けい)

1970年愛知県生まれ。東大理系、文系を へて、哲学の道に進む。専門はサルトル、 ガブリエル・マルセルら実存の思想家、 モ ンテーニュやパスカルらのモラリスト。 2015年に東京港区三田の龍源寺で「てらてつ(お寺で哲学する)」を開始。 現在は、てらてつ活動を全国に展開している。小 学生からお年寄りまで老若男女が一堂 に会して、肩書き不問の対話ができる場として好評を博している。

著書に『ツッコミ!日本むかし話(自由国民社)』『60分でわかるカミュのペスト(あさ出版)』など、 編訳書に『超訳モンテーニュ中庸の教え(ディスカヴァー・トゥエンティワン)』などがある。 →オフィシャルサイト

発行:自由国民社/イラスト:いとうみつる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。