スポーツ用品関連企業の従業員給与ランキング

東京五輪や北京の冬季五輪は、コロナ禍での開催とあって盛り上げに欠け、関連商品の販売など「オリンピック効果は薄かった」というのが、スポーツ用品関連各社の共通認識のようだ。

「オニツカタイガー」などのランニングシューズを手がけるアシックス(7936)は、東京五輪のスポーツ用品カテゴリーにおける国内最高位スポンサー「東京2020ゴールドパートナー」になっていた。ただし、古本街からスポーツ用品店街へ変貌している東京・神田の各ショップを訪れる客は、休日ともなると途切れることはない。同地区にはスポーツ用品製造・販売のミズノ(8022)が東京拠点を構えているほか、シューズ販売のABCマート(2670)も大型店舗も出店している。

3密回避で人気の高まるゴルフ用品

コロナ禍での〝3密回避〟もあって人気が高まっているゴルフ用品の販売が伸長。ランニング用品やアウトドア関連商品も売れ筋だという。

アルペンが運営しているゴルフ専門ショップ「ゴルフ5」の1店舗1日平均売上高は114万円(21年6月期)。前年同期の98万円からは10万円を超す増額である。ゼビオHDの「ゴルフパートナー」は約50万円。ヒマラヤのゴルフ店は100万円強である。

ゴルフ用品やアウトドア商品の好調な販売もあって、決算的にもスポーツ用品メーカー・卸・小売店の業績は、回復傾向にある。ゴルフに特化したeコマース事業を手がけるゴルフダイジェスト・オンライン(3319)も、ゴルフ場予約事業・ゴルフ用品販売事業が好調に推移しているという。

スポーツ用品関連会社従業員年収トップ10

スポーツ用品関連上位10社の従業員給与のランキングを見てみよう。平均給与トップはシマノ(7309)だ。自転車レース最高峰のツール・ド・フランスのテレビ放映では、必ず社名が出てくるように、同社は変速機など自転車部品世界最大手である。

シマノとアシックスが700万円台。タイヤが主力でゴルフクラブなども手がけるブリヂストン(5108)と住友ゴム工業(5110)、釣具とゴルフクラブなどのグローブライド(7990)などが600万円台だ。

従業員数が1万人を突破しているブリヂストンや7,000人台の住友ゴム工業は、製造現場の従業員を含めた平均値である。経営幹部を目指す社員などを中心に、1000万円を超す年収を得ている人材は少なくないだろう。

アルペン、ゼビオHDなど店舗運営各社の平均給与は400万円台とどまる。ABCマートは300万円台である。メーカー・卸に比べると平均給与は下回る。およそ3,800社の上場企業の平均値は600万円強である。

アルペンやゼビオHD、ヒマラヤは人件費総額を開示している。売上高の13%から14%相当する金額だ。つまり3社の店舗で1000円の商品を購入したとして、130円から140円の人件費負担分が含まれているとということ。原価は600円前後である。

■スポーツ用品関連会社の従業員年収推移
社名前々期決算期平均給与(万円)前期決算期平均給与(万円)従業員数(人)平均年齢(歳)平均勤続年数(念)
1シマノ  806.3787.61,44239.914.1
2アシックス768.6778.899840.713.1
3ブリヂストン728.2685.714,85840.414.3
4デサント591.26613442.012.9
5グローブライド668.7658.180342.814.5
6住友ゴム工業667.7642.7737140.815.9
7ミズノ602.8618.41,74343.018.7
8ゴールドウイン681607.21,11044.517.3
9ゴルフダイジェストOL580.4 576.438238.27.8
10藤倉コンポジット549.3524.473740.413

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。