総合商社 出資先の選択眼が勝負を決する!

気になる、あの企業の売り上げ、営業利益からM&A、業務提携まで、圧倒的にわかりやすい最新&図解データで徹底解説する『図解 業界地図』。2023年版が8月10日プレジデント社から発売になります。特集は「激動・激変時代を勝ち抜く企業を探す!」です。

先行き不透明な時代だからこそ、総合商社が見定める投資分野に注目が集まります。世界中にネットワークを構築している総合商社は、今こそその真価が問われます。電子決済サービスPaidyは2021年10月、アメリカのペイパルの傘下に入った。そのM&Aにともない約305億円の売却益を得たのが伊藤忠商事である。同社はPaidyと資本業務提携し関連会社にしていたが、保有株式を手離したことで売却益を実現した。

『図解!業界地図2023』では、世界的に活発な投資活動を展開する総合商社の動きを、キャッシュフロー計算書で再確認する。

(鎌田正文)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。