刺された!咬まれた!危険・有害虫図鑑

著者:平坂寛 イラスト:ハマダミノル

近年、南米原産の外来種・ヒアリの発見が日本各地であいついでいるほか、マダニによる感染症で死亡者が出るなど、国内で身近にひそむあぶない虫への恐れが高まっています。山間部にとどまらず、都市部の国道沿いの植え込みや、公園にまでキケンエリアは拡大中。本書では、身近に潜む危険な虫たちを「スピード、パワー、凶暴性、防御力、毒力」などで分析し、最凶の虫をランキング付イラストで紹介する1冊。

もくじ

第1章 家庭にひそむ最凶虫ランキング

  • 1位 キイロスズメバチ
  • 2位 セアカゴケグモ
  • 3位 トコジラミ
  • 4位 チャドクガ
  • 5 位 アオバアリガタハネカクシ  
  • 6 位 シリアゲアリ  
  • 7 位 マダラサソリ 

第2章 公園や植え込みにひそむ最凶虫ランキング

第3章 山林にひそむ最凶虫ランキング

第4章 水辺にひそむ最凶虫ランキング

第5章 世界の最凶虫ランキング

スイミングスコーピオン(世界の最凶虫ランキング4位 ©ハマダミノル
刺された部位は猛毒でしびれ、異常感覚におちいる。スイミングスコーピオンは樹皮の下や朽木の中、あるいは積み上げられた瓦やベニヤ板いたのすきまに隠れていることが多い。そのため人間と出会う機会も多く、事故も起きやすい。うっかりこのサソリに触れて手を刺されると、ハチに刺された場合に似たするどい激痛が走はしる。
Amazonで購入する
発行:カンゼン 著者:平坂寛 イラスト:ハマダミノル

刺された!咬まれた!危険・有害虫図鑑」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。